高音ボイストレーニング教材のレッスン内容

高音ボイストレーニング教材のメンバーサイト

 

このページでは「高音ボイストレーニング教材」からプロボイストレーナー、
JAYE公山氏のレッスンの内容をお届けします。

 

高音ヴォイストレーニング教材のスマホとpdf

この教材はPCやスマホで専用サイトにアクセスして、

動画によるレッスンを受けるシステムです。

 

特に、スマホでもレッスン内容を見れるため、
ひとりでカラオケBOXで練習するときは便利なんです。

 

 

また、専用サイトではPDFによる教材のダウンロードもできます。

 

PDFは全部で68ページ。

 

全部プリントアウトしなくても、
自分が重点的に練習する部分だけを印刷し、
クリアしてから次のステージといった使い方もいいと思います。

 

 

いずれにしても、動画と紙資料の両方からレッスン内容を
確認できるため、やり方に迷うことがありません。

高音ボイストレーニング教材のレッスン内容

 

【動画レッスン】

 

高音ヴォイストレーニング教材動画レッスン

高音ボイストレーニング教材のカリキュラムは、

・ガイダンス
・カリキュラム(1~9)
・特典1
・特典2

となっています。

 

 

 

カリキュラムに進むと、
レッスン内容を写した画面が2~4つ配置されていて、
説明→JAYE公山氏の模範→一緒にレッスン
という流れです。

 

 

 

 

 

 

 

【PDF】

 

高音ヴォイストレーニング教材のPDF

PDFでは、

JAYE公山氏が動画で説明したレッスン内容のポイントが、
書かれています。

 

レッスン時間は、長いものではありませんから、
覚えてしまえば、見る必要はないでしょう。

 

声を出すトレーニングは、場所が限られるかもしれませんが、呼吸法はどこででもできます。 
毎日欠かさず練習しましょうね。

 

 

 

【教材を使ってさっそくレッスン!】

 

プロボイストレーナー、JAYE公山「高音ボイストレーニング教材」は、
・力強い高音を出したい
・高いキーの曲をかっこ良く歌いたい
・ボイトレを本格的に受けてみたい
・高音を歌ったあとも疲れない
・カラオケで、難曲を歌いこなしたい
と思っているアタのための、本格的な教材です。

 

特に今までの教材と大きく違う点は、”高音”がターゲットだということです。

 

呼吸の仕方はもちろん、声を出すときの「声帯を鍛える方法」、そして声を響かせる方法といった、
内容盛りだくさんの教材で、高音を出すまでトレーニングが全て網羅されているんです。

 

高音ヴォイストレーニング教材のレッスン風景

 

プログラムにも書かれていますが、まずは 基礎をじっくり固めます。
この教材ではチャプター1~4が基礎にあたります。

 

カリキュラム1 呼吸法 
カリキュラム2 声帯ストレッチ
カリキュラム3 ブレスタン
カリキュラム4 PUSH式発声法

 

まず、この4項目は毎日練習したいものです。

 

高音ボイストレーニング教材,JAYE公山,評価,口コミ,効果

例えば、野球の投手の練習を思い出してみてください。まず、いきなり投球練習をする人はいません。

 

球場にはいってからはストレッチやジョギングをして体を温めるのと同時に、基礎体力をつけることが目的です。そして、投球練習を始めるとまずは短い距離から投げはじめ、少しずつ距離を広げていきます。これは”肩慣らし”ですね。そして最後に、キャッチャーを立たせて球速を少しづつあげていきます。

 

もしいきなり本番と同じ球速で投げはじめたら、故障の原因になってしまうからです。

 

高音を出せるようになる声帯を作るために、この基礎は重要ですよ。

 

基礎練習(毎日行ったあと)がおわったら、カリキュラム5以降に進みましょう。

 

カリキュラム5 ストレートボイス
カリキュラム6 ソルフェージュ
カリキュラム7 オクターブ
カリキュラム8 響きのある声トレーニング
カリキュラム9 ダイナミックレンジ

 

最初のうちは「基礎固め+5以降のカリキュラム1つ」だけでもいいと思います。声帯が強くなるまでは練習のし過ぎもあまりよくありません。

 

声帯が強くなって慣れてきたら、少しづつ練習時間の長くしてみましょう。

 

 

歌が上手くなるポイントは、プロが教えてくれる”ちょっとしたキッカケ”なんです。

 

公式サイト